mardi, septembre 04, 2007

       

どんな眼差しも無効である。


市バスを乗り換えて、休みの日には彼は彼女に会いに行っていた。京都駅がまだ建て替えられる前のこと。市バスの冷房はいつも九月になると効き過ぎていたので、夜の帰りのバスではいつもTシャツいっちょうでは寒かったのだった。

思い出などとはいえないような代物に、彼はバスの一番後ろのシートで欠伸をするのである。京都の倦怠を知っているか。京都では、どんな眼差しも無効である。

Libellés :

 

0 Comments:

Enregistrer un commentaire

Links to this post:

Créer un lien

<< Home