vendredi, juillet 23, 2004

       

handling laboratory rats

 ハンドリングといって、ねずみどもを一匹ずつこねくりまわすようにいじる作業がある。かなり面倒な作業である。あの飼育室は暑くて、くさい。腹や背中の皮をこねこねして、手のひらのうえに乗せて、退屈なのでねずみを腕の中に抱いて廊下まで出てしまう。ほんとうはあまり外へ出してはいけないのだが、ねずみを抱いたまま廊下の時計を見ながらうろうろする。
 慣れてくるとねずみはぐにゃっとしたかんじになってくる。初めてつかみあげられたとき、ねずみはかなり抵抗する。そのとき白衣の腕はねずみの尿で濡らされ、手には糞を着けられる。いま現在、ぐにゃぐにゃくんたちは五匹。これから夏中、厳しい訓練を乗り越え、ホンモノの精鋭ラッツになるのだ。

 

0 Comments:

Enregistrer un commentaire

Links to this post:

Créer un lien

<< Home